【映画】「さだかや」あらすじ感想

2016年の日本映画「貞子vs伽椰子」の感想記事です。
結末は記述していませんがラスト以外のネタバレ注意です。

前半のあらすじはこんな感じです。

B級映画丸出しの感じだったのでナメて見てたら普通に怖い

貞子パートと伽椰子パートの2つが同時進行していく感じなんですが
貞子も伽椰子もこえーよ!

笑えるのは霊能者のシャツが長すぎるところくらい。

ホラー映画2本見れたみたいでお得だな~(そもそも無料試聴)

そのせいかテンポがめちゃくちゃ良いです。

Jホラー特有のまどろっこしい溜め演出はほどんどありません。

(逆にそれが好きな人は物足りないかも)

ただ設定は、貞子に関してはリングとは少し設定が違うみたいです。

シリーズを見てれば見てるほど原作の設定と違う部分が気になるかもしれません。

「呪いのビデオを見た人間を呪う」くらいのフワッとした知識で見た方がひっかかりがないかもしれない。

呪怨に関しては私自身が記憶が薄くて「家に入った人間を呪う」くらいのフワッとした感じで見てました。それで問題なかったです。

後で知ったんですが監督がコワすぎ!シリーズの白石晃士さんだったようで、コワすぎシリーズのファンならニヤリとするシーン(アイテム?)も出てきます。

トレイラーでも流れてた「バケモンにはバケモンをぶつけんだよ!」は言われてみればめちゃくちゃコワすぎっぽいですね。

以下後半のネタバレ注意。

そして貞子と伽椰子(俊雄)のバトルがはじまるのですが、ここからはもう能力バトルアクションものです。

お互いの特性と(横槍の)戦術を駆使し貞子と伽椰子がバトる!

漁夫の利を狙う人間!からの衝撃のラスト!!シャツの丈!!

続編が作れそうな作れなそうな衝撃のラストでした。

貞子と伽椰子、どちらも株を落とすことなく上手くまとめたなあという感想です。

コラボ作品としては満点の出来なんじゃないでしょうか。

ぜひ見てみてください。